メインコンテンツにスキップする
メインコンテンツにスキップする

チャールズ「CJ」プロバー

最高経営責任者および取締役

チャールズ “CJ” プローバーは、2024年1月以降、NETGEARの最高経営責任者を務めています。最先端のデバイスと使いやすいソフトウェアの組み合わせを通じて革新的なソリューションを提供する技術ビジネスの拡大に長年の経験を持っています。NETGEARに加わる前は、Life360の社長であり、2022年1月にTileの買収を通じて同社に加わりました。CJは2018年9月にTileのCEOとして加わり、それ以前はTileの取締役会で活動していました。また、GoProとエレクトロニクスアーツでのエグゼクティブリーダーシップの役割も果たしています。エグゼクティブリーダーシップの役割を担う前は、マッキンゼー・アンド・カンパニーのコンサルタントおよびウィルソン・ソンシーニ・グッドリッチ・アンド・ロザティの企業弁護士でした。CJは現在、Life360とGlorious Gamingの取締役会に所属しています。彼はマニトバ大学でビジネスマネジメントを、マギル大学で法律を学びました。

ブライアン・マレー

最高財務責任者

ブライアン・マレーは、2018年8月より最高財務責任者を務めています。NETGEARで16年以上にわたり、財務部門内のさまざまな管理職を経験し、最高財務責任者に就任する前は、NETGEARの財務担当バイスプレジデントおよび経理会計責任者を務めました。2001年にNETGEARに加わる前は、Deloitte会計事務所にて公会計業務に従事していました。マレーは、カリフォルニア大学サンタバーバラ校で文学士号を取得し、公認会計士の資格を持っています。

マイケル・ファルコン

最高執行責任者

マイケル・F・ファルコンは、2017年11月から最高執行責任者を務めています。2009年1月から2017年11月まで世界中の運営とサポートのシニアバイスプレジデント、2006年3月から2009年1月までオペレーション担当のシニアバイスプレジデント、そして2002年11月から2006年3月までオペレーション担当のバイスプレジデントを務めています。NETGEARに加わる前は、クォンタムコーポレーションにおいて、1999年9月から2002年11月までオペレーションとサプライチェーン管理のバイスプレジデント、メリディアンデータ(クォンタムコーポレーションによって買収された)において、1999年4月から9月まで運営のバイスプレジデント、そしてシリコンバレーグループにおいて、1989年2月から1999年4月までオペレーション、戦略計画、およびサプライチェーン管理の取締役を務めていました。1989年2月以前は、SCIシステムズ(電子機器製造業者)、ゼロックスイメージングシステムズ(スキャニングとテキスト認識ソリューションの提供者)、およびプラントロニクス社(軽量通信ヘッドセットの提供者)で管理職を務めていました。カリフォルニア大学サンタクルーズ校で経済学の学士号を優等で取得し、サンタクララ大学でM.B.A.プログラムの課程を修了しています。

マーティン・ウェストヘッド博士

ソフトウェアの最高技術責任者

マーティン・ウェストヘッド博士は、NETGEARの新しいソフトウェアの最高技術責任者です。4500万人以上のアクティブな顧客とモバイルアプリの5つ星評価を持つトップレートの消費者企業、グルーポンから同社に加わりました。この新しい役割で、ウェストヘッド博士は、同社のサービスとアプリケーション製品のさらなる開発を担当し、現在および将来の成長を支えるソフトウェア技術の全体的なロードマップを設定します。ソフトウェアCTOとして、大学や技術思想リーダーと提携し、消費者向けハードウェア + ソフトウェア + サービスカテゴリーをさらに混乱させる方法を発見し創造する責任を負います。過去20年間にわたり、消費者ウェブおよびネットワーキング分野の複数の企業でソフトウェア組織を率いてきました。また、スタンフォード大学の継続教育ビジネス部門で講義を行ってきました。イギリスのエディンバラ大学のAIおよびコンピュータサイエンス部門から博士号と理学士号を取得しています。

アンドリュー・キム

最高法務責任者

アンドリュー・W・キムは現在、最高法務責任者を務めており、NETGEARには13年以上在籍しています。2013年7月から企業開発担当取締役、相談役、総務部長として、2008年10月から2013年7月まで法務、企業開発の取締役、兼企業秘書、2008年3月から10月までアソシエイト・ジェネラル・カウンセルとして務めてきました。NETGEARに加わる前は、ウィルソン・ソンシーニ・グッドリッチ・アンド・ロザティの企業および証券部門で特別顧問として、2000年から2003年および2006年から2008年まで、公開および非公開の技術会社を代表し、合併・買収、債務および株式融資の取り決め、証券法のコンプライアンス、および企業統治など幅広い事項を担当しました。ウィルソン・ソンシーニ・グッドリッチ・アンド・ロザティでの2期間の間に、イリノイ州シカゴの法律事務所シュワルツ・クーパー・チャータードのビジネスおよびファイナンス部門のパートナーとして、またイリノイ工科大学で起企業経営学の非常勤教授として務めました。コーネル法科大学院から法務博士(J.D.)を、イェール大学から歴史学の学士号を取得しています。

デビッド・J・ヘンリー

コネクテッド・ホーム・プロダクト・サービス担当プレジデント兼ジェネラル・マネージャー

デイビッド・J・ヘンリーは現在、当社のコネクテッドホーム製品・サービス担当プレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めています。ホームネットワーク製品・サービスのプロダクトマーケティングとエンジニアリングの両方を担当し、製品戦略、開発、提供を含む世界的な責任を担っています。2004年7月からNETGEARに在籍し、最近では2016年1月から2021年7月までコネクテッドホーム製品・サービス担当シニアバイスプレジデントを務めていました。 それ以前の2011年3月から2016年1月までは、当社のリテールビジネスユニットのプロダクトマネジメント担当バイスプレジデント、2010年10月から2011年3月までは、当社のプロダクトマーケティング担当シニアディレクターを務めました。NETGEAR入社以前は、Siebel Systems(Oracle Corporationが買収)のハイテク垂直アプリケーションのシニアプロダクトマネージャーを務めていました。そのほか、Deloitte Consultingでビジネスプロセスや情報テクノロジーのコンサルティングに携わった経験もあります。ヘンリーは、ワシントン大学で信号処理を中心とした電気工学の学士号を取得し、スタンフォード大学経営大学院でMBAを取得しました。

マイケル・ A ・ウェルダン

最高収益責任者

マイケル・ A ・ウェルダンは現在、最高収益責任者として、20年以上にわたって NETGEAR に勤務しています。ウェルダンは、2015年10月から2021年7月まで当社のワールドワイドセールス・シニアバイスプレジデント、2015年3月から2015年10月までコンシューマー製品担当セールスのワールドワイド・シニアバイスプレジデント、2003年12月から2015年3月まで米州セールス・シニアバイスプレジデントを務めました。1998年に入社して以来、ウェルダンは2002年12月から2003年12月まで米国のE-コマースおよびDMR担当ディレクターを、1998年10月から2002年12月まで東部地域のセールス・ディレクターを務めました。NETGEAR入社以前は、コンピュータ・ハードウェア企業であるIomega Corporationで3年間、付加価値再販部門のセールス・ディレクターを務めました。ウェルダンは、セトンホール大学でコミュニケーション学の理学士号を取得しています。

ハイディ・コッマック

最高マーケティング責任者

ハイディ・コッマックは現在、最高マーケティング責任者を務めています。NETGEARに10年以上在籍し、マーケティング部門で様々な管理職を務めてきました。グローバル・マーケティング・チームを再編・再構築し、複数のNETGEARサブブランドの立ち上げと構築を成功させ、データ・ドリブン・マーケティングとカスタマー・エンゲージメントにおける全社的な取り組みを主導しました。最高マーケティング責任者に就任する前のハイディは、2017年11月から2021年7月までグローバルマーケティング担当シニアバイスプレジデント、それ以前はコーポレートマーケティング担当バイスプレジデント、地域マーケティング担当ディレクターを務めていました。2006年にNETGEARに入社する前は、Virgin Mobile、RedBull Energy Drink、Sony Computer Entertainmentなど様々な企業で活躍し、オーストラリアのSunshine Coast Business Academyでビジネスを学びました。

アントニオ・ロペス・レウス

戦略およびパートナーシップ担当副社長

Antonio L ó pez Reusは、2024年5月にNETGEARに入社し、戦略およびパートナーシップ担当副社長を務めています。ロペス・ロイス氏はAmazonからNETGEARに入社し、Alexaスマートホームの収益創出パートナーシップを主導しました。Amazonの前は、Tileでプロダクトパートナーシッププログラムを管理し、Fitbit、Skullcandy、Google Home、Alexaなどの大手ブランドにタイル検索技術をもたらしました。 また、Google Nestでアジア太平洋および新興パートナーシップの責任者を務め、ボストンコンサルティンググループでテクノロジーおよびテレコミュニケーション業務のプリンシパルを務めました。コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得しています。