メインコンテンツにスキップする
メインコンテンツにスキップする
WiFi7 Logo Glowing Blue WiFi 7

WiFi 7とは?

家庭全体のマルチギガビットの高速化を実現

現在のマルチギガビットのインターネットプランは、現在のWiFi技術を急速に凌駕しています。IEEE802.11be規格として知られるWiFi 7は、革命的な変化をもたらすでしょう。EHT (Extremely High Throughput) と名付けられたこの新しい規格は、より高速で干渉が少なく、今日の多くの高帯域アクティビティに対応する優れたパフォーマンスにより、家庭内での真のマルチギガビットWiFiをついに現実のものにします。

WiFi 7の主な特徴

WiFi7 Feature 5x Faster Speeds

WiFi 6Eと比較して

5倍高速

WiFi 7では最大速度を9.6Gbpsから46Gbpsに向上し、現在の超高速インターネットプランを全デバイスにフル活用することができます。

WiFi7 Feature 2x Maximum Bandwidth

2倍の最大帯域幅が

320MHzの大容量チャンネル

新しい超広帯域帯域により、デバイスへの最高速度が2倍になります。WiFi 7スマートフォンは最大5Gbpsの速度を実現します。これにより、ARやVRのアプリケーションに新たな可能性が生まれます。1.2GHz幅の6GHz帯により、320MHzの超広帯域通信が可能になり、混雑した地域でもより多くのルーターが干渉することなく運用できるようにもなります。

WiFi7 Features 100x Lower Latency

レイテンシーが100分の1で

リアルタイムな応答性を実現

遅延は、ゲームやビデオ会議などのリアルタイムなアクティビティに顕著な影響を及ぼします。100倍の向上は、今日のインタラクティブなオンライン体験を劇的にアップグレードし、没入感のある次世代ARやVRへの扉を開きます。

WiFi7 Features 20percent More Data Transmission

4K QAM変調方式で

データ転送量20%アップ

変調方式とは、データをWiFi電波に変換するプロセスです。10から12ビットへのデータ変調により、一度に20%多いデータを受信し、鮮明なビデオストリーミングやテレビ会議などを実現します。

WiFi 7では、どのような新技術が搭載されるのでしょうか?

Dual-box-right-mr5200 wifi-7-graphic-exports-v2-preamble-puncturing-1

MLO (マルチリンクオペレーション)

WiFiを自動的に最速にします。

WiFi 7は3つのWiFiバンド (2.4Ghz, 5GHz, 6GHz) をすべて対応しており、バンド間でレーンチェンジすることでネットワークトラフィックを回避したり、あるバンドの圏外に移動しても接続を維持したりすることが可能です。マルチリンクオペレーションと呼ばれるこの機能は、オンラインゲーム、ARやVR、テレビ会議などにおいて、データを最大限の速度で配信し、遅延を低減して信頼性を向上させるます。

wifi-7-graphic-exports-v2-preamble-puncturing-1 Dual-box-right-mr5200

プリアンブル・パンクチャリング

WiFiの速度を低下させません。

周囲のWiFiが、あなたのWiFiを遅くしていることをご存知ですか? 現在のWiFiでは、他のWiFiの干渉があると使用中のチャネルはすべて使用できなくなります。プリアンブル パンクチャリングにより、使用中のチャネル全体で干渉していない場合、一部のチャネルだけ切り離して通信できるようになりました。道路全体を閉鎖するのではなく、「1車線のみ閉鎖する」ようなことができるのです。

fullasset_wifi7_video_mobile fullasset_wifi7_video

なぜNETGEARはWiFi 7のリーダーなのか?

NETGEARは、25年以上にわたって世界最高のネットワーク製品を製造してきた実績を伴うWiFiのリーダーです。WiFi 7に関しては、家庭用、ビジネス用、メッシュ、モバイル5Gネットワークなど、さまざまな経験から、テクノロジーについてユニークかつ深い理解を持っています。WiFi 7が提供するすべての機能を実現するルーターや家庭用メッシュWiFiをお探しなら、NETGEARは最高の選択肢です。

以下の表で、各WiFi規格の違いをご覧ください。

WiFi 6とWiFi 7の詳細な比較については、こちらの記事をお読みください。

WiFi 5

WiFi 6

WiFi 6E

WiFi 7

登場

登場

2013

登場

2019

登場

2021

登場

2024

IEEE

IEEE

IEEE802.11ac

IEEE

約802.11ax

IEEE

約802.11ax

IEEE

約802.11be

最高速度

最高速度

3.5Gbps

最高速度

9.6Gbps

最高速度

9.6Gbps

最高速度

46Gbps

バンド

バンド

2.4GHz/5GHz

バンド

2.4GHz/5GHz

バンド

6GHz

バンド

2.4GHz/5GHz/6GHz

MLO (Multi-Link Operation)

MLO (Multi-Link Operation)

No

MLO (Multi-Link Operation)

No

MLO (Multi-Link Operation)

No

MLO (Multi-Link Operation)

Yes

セキュリティ

セキュリティ

WPA2

セキュリティ

WPA3

セキュリティ

WPA3

セキュリティ

WPA3

チャネル幅

チャネル幅

20/40/80/80+80/160MHz

チャネル幅

20/40/80/80+80/160MHz

チャネル幅

20/40/80/80+80/160MHz

チャネル幅

20/40/80/80+80/160/320MHz

変調方式

変調方式

約256-QAM-OFDMA

変調方式

約1024-QAM-OFDMA

変調方式

約1024-QAM-OFDMA

変調方式

4096-QAM OFDMA

MIMO

MIMO

4×4 MIMO, DL MU-MIMO

MIMO

8×8 UL/D/ MU-MIMO

MIMO

8×8 UL/D/ MU-MIMO

MIMO

16×16 MU-MIMO

WiFi 7で最もメリットを受けるのは誰ですか?

エンターテインメントのメリット

WiFi 7は、ホームエンターテイメントテクノロジーの新しい扉を開くと同時に、現在利用可能なアプリケーションのユーザーエクスペリエンスを大幅に向上させます。

ストリーマーは、より滑らかで鮮明な映像を楽しむことができ、家庭内で複数の4Kおよび8Kコンテンツを一度にストリーミングすることができます。帯域幅、速度、リソース管理など多く点でアップグレードしたことで、一般家庭でもUHD動画のストリーミング、ゲームストリームのホスト、VRでのゲーム、テレビ会議での作業、Webブラウジングを問題なく行えるようになりました。

さらにエキサイティングなのは、ユーザーが準備している次世代のAR/VRコンテンツです。WiFi 7は、完全にインタラクティブなコンテンツで新しい仮想世界を探索するための可能性を解き放ちます。超高速/超低遅延により、ユーザーはリアルな反応と新感覚のテクノロジーで、想像を超える体験ができるようになります。

Dual-box-right-mr5200

Dual-box-right-mr5200

ゲーマーにとってメリット

WiFi 7はゲーマーにとって大きな意味を持ちます。今日のゲームのやり方を即座に改善し、明日のゲームのやり方に新たな可能性をもたらすことでしょう。

現行ユーザーは、100倍改善されたレイテンシーを体験することができ、オンラインゲーム体験の妨げとなる厄介な遅延問題を取り除くことができます。ゲームのダウンロード時間は最短で、クラウドベースのゲームのストリーミングコンテンツはこれまで以上に高速でクリアなレンダリングを実現します。

また、ARやVRゲームの領域でも多くの新しい可能性をもたらし、リアルタイムな応答性で超高精細なコンテンツをシームレスにストリーミングすることを可能にします。

家庭でのメリット

WiFi 7は、すべてのコネクテッドホームとスマートホームに即時の改善をもたらし、家族が競合するトラフィックの問題に遭遇することなく、より簡単にリモートで作業および学習できるようにします。

在宅勤務や学習の増加により、データ集約型のテレビ会議とストリーミングが帯域幅を競い、現在の WiFi テクノロジーの能力に負担がかかっています。WiFi 7では、ビデオ会議ストリームが不安定でフリーズする日々に別れを告げることができます。WiFi 7では、より多くのチャンネルの柔軟な利用を提供し、よりスムーズなエクスペリエンスを一度により多くのデバイスに提供します。

さらに多くのデバイスを処理する機能が追加されることで、多くの新しい IoT スマート ホーム デバイスへの扉も開きます。大量のネットワーク トラフィックを処理する能力が大幅に向上したスマート ホーム デバイスは、ますます高度になり、ネットワーク速度を低下させることなく、クラウドへのセキュリティ フィードのアップロードなどのデータ集約型のタスクを実行できます。

wifi7-advantages-for-home

Dual-box-right-mr5200

ビジネスでのメリット

WiFi 7は、ビジネスに多くの新しい機能をもたらし、また、現在のビジネスの基本的な方法を改善します。

速度と帯域幅の改善、およびマルチリンクやマルチアクセスポイントなどの新機能により、ユーザーは顕著なパフォーマンスの向上を体験できます。簡単に言えば、WiFi 7では一度に複数のユーザーを管理する能力が向上し、オフィス全体でより高速な速度を提供する能力が向上します。

またWiFi 7は将来のワークプレイスにARやVRアプリケーションを導入するための興味深い機能を開放し、ARを強化したヘッドアップディスプレイを備えたゴーグルやコンタクトレンズなどの次世代ハードウェア、IoT強化スマートオフィス製品、さらにワークプレイスオートメーションテクノロジーを可能にします。

WiFi 7のよくある質問

はい、WiFi 7は完全な下位互換性があります。しかし、ユーザーデバイスの世代がよって、享受できるメリットのレベルも異なります。たとえば、新しい高速の6GHz帯を使用できるのは、WiFi 6EまたはWiFi 7デバイスのみです。同様に、最新のWiFi 7デバイスのみが、320MHzチャネルボンディングやMLO (マルチリンクオペレーション) などの高度な機能を利用できます。

高速化と干渉の低減により、特に高速化が要求されるアプリケーションが利用可能になるにつれて、全体的なカバー率が向上します。MLOなどの技術的進歩により、メッシュネットワークやあらゆるサイズのカバレッジエリアで、WiFi性能の向上とシームレスなローミングを実現します。つまり、メッシュルーターとサテライトが連携して、必要に応じてカバレッジを拡張することで、ユーザーが簡単にカスタマイズすることができます。

WiFi 7は、WiFi 6EやWiFi 6と比較して理論上約5倍高速化されます。規格上の最高速度は9.6Gbpsから46Gbpsに向上します。もちろん実際の速度は、インターネット回線の速度や、WiFiデバイスの対応速度、ネットワークの混雑具合等の要因に依存します。

状況によります。現在お使いのルーターが、特に古いバージョンのWiFiの場合、パフォーマンスを妨げている可能性があります。WiFi 7の登場は2023年後半を予定しており、WiFiに不満がある方は、現行のWiFi規格でアップグレードをしてみるのもよいです。 WiFi 6 WiFi 6E の詳細については、各リンクを参照してください。

いえ、現行のプロバイダーのインターネット速度や、多くのデバイスはWiFi 6対応のため、WiFi 7が提供するすべてのメリットを体験できるようになるまでには、まだ時間がかかります。

WiFi 7は、速度と帯域幅の大幅な改善に加えて、WiFiをよりスマートかつ効率的に動作させるために設計された多くの根本的な技術的な改善を提供されます。これらのメリットは、上の記事で説明されています。