メインコンテンツにスキップする
メインコンテンツにスキップする
NETGEAR ネットワークデバイスの診断、コントロール、最適化します。 NETGEAR管理システムNMS300は、他社製品を含むネットワーク機器を監視できます。簡単に操作できるウェブブラウザーベースのユーザーインターフェースで、ネットワーク全体の監視と管理を容易に行うことができます。 NMS300 NMS300 NMS300

ネットワーク管理システム (NMS300) armor

NETGEAR製品のネットワーク管理用ソフトウェアarmor

ネットワークデバイスの診断、コントロール、最適化します。 NETGEAR管理システムNMS300は、他社製品を含むネットワーク機器を監視できます。簡単に操作できるウェブブラウザーベースのユーザーインターフェースで、ネットワーク全体の監視と管理を容易に行うことができます。

ネットワーク管理システム (NMS300)

NETGEAR製品のネットワーク管理用ソフトウェアarmor

ネットワークデバイスの診断、コントロール、最適化します。 NETGEAR管理システムNMS300は、他社製品を含むネットワーク機器を監視できます。簡単に操作できるウェブブラウザーベースのユーザーインターフェースで、ネットワーク全体の監視と管理を容易に行うことができます。

製品特長

ネットワーク運用のコントロールと最適化に必要な、インフラストラクチャの可視化を実現
 
NETGEARのネットワーク管理システムNMS300は、ネットワークの設定、管理、診断に役立つ可視化とコントロールを実現し、データやサービスの提供が適時に、確実に、しかも高い費用対効果で提供されるようにします。使いやすく、事前対応型で安全なNMS300が、さまざまな機種を含む高度なデータネットワークをモニタリングし、コントロールするためのさまざまなネットワーク管理タスクを支援します。NMS300を使用すれば、NETGEARのマネージ製品すべての登録をクリック1つですぐに完了することができます。NMS300を今すぐダウンロードしてご利用ください。
 
NMS300は、業界標準のシンプルネットワーク管理プロトコル(SNMP)を使用するマネージデバイス(全ブランドのレイヤー2スイッチ、レイヤー3スイッチに加えて、ワイヤレスアクセスポイント、従来型のルーター、サーバー、プリンター等)のいずれにでも使用できます。追加コストなしで、最大200台のデバイスを自動的に検出してマッピングします。NMS300は、最大200台のデバイス管理を無料で使用できます (ワイヤレスコントローラ管理下のアクセスポイントはカウントされません)。キャンパスネットワーク用には、さらに200台のデバイスを追加できるライセンスパックをお手頃価格でご用意しています。ネットワークの統計情報は、リアルタイムでグラフ化されます。または、履歴データとして保存し、傾向分析に使用することができます。しきい値やアラート(メールでの通知等)を活用することで、ボトルネック等のネットワーク障害を検知し、ユーザーが苦情の電話をかけて来る前にそれらをお知らせします。使いやすいウェブベースのグラフィカルインターフェースで、ネットワークデバイスからユーザー、デバイスのグループまでのすべてをネットワーク内のどこからでも監視することができます。 

NETGEARのマネージネットワーク製品用に最適化されたNMS300は、以下のような独自の機能を提供できます。

使いやすく拡張可能な管理プラットフォーム 

200台までのデバイス用ライセンス付きの無料ダウンロード

マルチベンダー、サードパーティー対応のSNMPモニタリング

中央管理型ファームウェアバージョンアップと一括設定

設定ファイルのバックアップ、管理、復元

sFlowコレクションサーバー、トラフィックやパケットロスがしきい値を超えた場合に出されるトポロジーマップアラート、SNMPセット設定の包括的なMIBブラウザー等の新機能も備えています。

技術仕様

  • 製品保証 : -
  • Next Business Day Hardware Replacement (米国のみ)対象範囲、利用方法、利用規約については、こちらをクリックしてください。
  • サポート : --
  • 365日対応の日本語サポート
  • Support
  • システムアーキテクチャ : B/Sベースの多層システム
  • 標準サーバー要件(デバイス200台まで) : 2.8 GHzデュアルコアCPU
  • 4GB RAM (32ビットOS)または8GB RAM (64ビットOS)
  • 20GB HD (空き容量)
  • 静的IP
  • サポートOS : Microsoft Windows XP (Professional) 32ビットおよび64ビット(SP3またはそれ以降)
  • Windows Server 2003 (Standard、Enterprise、Web)、32ビットおよび64ビット
  • Windows Server 2008 (Enterprise)、32ビットおよび64ビット
  • Microsoft Windows 7 (Professional、Enterprise、Ultimate)、32ビットおよび64ビット
  • Microsoft Windows 8 (Enterprise)、64ビット
  • Microsoft Windows Server 2012 (Standard)、64ビット
  • Microsoft Windows 10 (Home、Pro、Enterprise) 、32ビットおよび64ビット
  • サポートVM : VMWareおよびその他の主要ハイパーバイザー(Hyper-V、XenServer等)をサポート
  • インストール : サーバーは、GUIベースの自動インストーラーを通じてインストールされます
  • シングルサーバーデプロイメント
  • クライアントはウェブベースで、インストールは不要です
  • ウェブアクセス用のTCPポート番号 : NMS300のインストール中に、任意の未使用TCPポート番号を選択できます
  • 選択したTCPポートで他のサービスが実行されていないことを確認してください
  • たとえば、NMS300がインストールされる同じサーバーでIISサーバーが稼働している(ポート8080)ことがないか確認してください
  • バックアップと復元 : アプリケーションのシステム設定のバックアップジョブは、手動で開始することもできれば、繰り返して行うようにスケジュール化しておくこともできます。
  • このアプリケーションにより、システム設定のバックアップファイルが、指定された外部のCIFSファイルサーバーに保存されます
  • 保存したシステム設定のバックアップファイルを使用して、同じサーバーまたは新しいサーバーにシステム設定を復元することができます
  • 標準クライアント要件 : 2 GHz CPU
  • 2 GB RAM
  • 3GB HD (空き容量)
  • セキュリティプロファイル : Admin: ユーザーやセキュリティプロファイルの管理を含む、アプリケーションのすべての機能を実行できるユーザー
  • Operator: ネットワーク機能の管理は可能だが、ユーザーやセキュリティプロファイルの管理、管理タスクの実行はできないユーザー
  • Observer: ネットワーク機能の監視と表示のみが可能なユーザー
  • サポートブラウザー (HTTPおよびHTTPS) : Internet Explorer 9またはそれ以降のバージョン
  • Firefox 15.0またはそれ以降のバージョン
  • Chrome 10.0またはそれ以降のバージョン
  • サポート言語 : English
  • 中国語
  • サポート管理インターフェース : SNMP (v1, v2c, v3)
  • TFTP
  • Telnet/HTTP/HTTPS
  • ウェブGUI
  • 自動デバイス検出 : トップレベル、サブコンポーネント、インターフェース/ポート(該当の場合)を含む
  • 自動リンク検出 : LLDPプロトコルによるイーサネットリンク検出
  • 検出スケジュール設定 : 指定時刻/日付に検出タスクを実行するスケジュール設定が可能
  • デバイスの再同期 : システムによるデバイスインベントリの再同期
  • デバイス再同期のスケジュール設定 : 指定時刻にデバイスの再同期を実行するスケジュール設定が可能
  • デバイスの登録 : NETGEARのマネージ製品は、NMS300から登録できます
  • 登録ツールにより、このアプリケーションで管理するデバイスの1台、複数台、またはすべてを登録することができます
  • 登録は、NETGEAR登録サーバーで行われます
  • このアプリケーションの登録ツールを使用するには、NETGEAR製品登録ウェブサイトにカスタマーアカウントを作成する必要があります
  • カスタマーアカウントを作成すると、NMS300内でそのアカウントのプロファイルを設定できるようになります。
  • トポロジーマッピング : 検出されたリンクと手動で作成されたリンクを表示するトポロジービュー(フィルタリングを含む)
  • トポロジー管理アラート : トポロジービュー内の検出されたリンクと手動で作成されたリンクについては、以下の場合に異なった色と点滅スタイルが使用されます。
  • - リンク上のモニターデータがユーザー定義のインターフェース使用量(TXおよびRXに関して)を超過している
  • - リンク上のモニターデータがユーザー定義のパケットロス(TXおよびRXに関して)を超過している
  • イベントモニタリング : SNMPトラップ受信(トラップの属性、重大度、説明付き)
  • アラームエスカレーション : 設定済みのイベント定義に基づくアラーム生成
  • アラーム/イベントアクション : アラームとイベントによりトリガーされる、設定済みかつユーザー定義のアクション
  • SMTP設定の電子メールによるアラートのサポート
  • モニターデータ : デバイスの詳細
  • ポートの詳細
  • 主要パフォーマンスメトリックをリアルタイムで収集 : 温度、メモリの使用量、CPUの使用量、合計インバウンドSNMPトラップ数、TCP接続失敗数、UDPインバウンドエラー数、アウトバウンドIP廃棄数、ディスク温度、インバウンドIP廃棄数、インバウンドTCPエラー数、ディスクスペース使用量、インバウンドIPアドレスエラー数、ディスクスペース使用率、合計ディスクスペース、インバウンドIPヘッダーエラー数、合計IP廃棄数、ファン速度、アウトバウンドIP経路なし廃棄数、稼働時間、インバウンドICMPエラー数、インバウンドICMPエコーリクエスト数、合計アウトバウンドSNMPトラップ数、アウトバウンドICMPエコー応答数、インバウンドUDPポートなし、確立されたTCP接続数、合計SNMPトラップ数
  • 傾向表示によるアクティブモニタリング : デバイス、ポート、インターフェースモニタリング、履歴データ持続、しきい値処理、グラフ作成(最大30日)
  • フロー収集サーバー : パケットサンプリングを使用することで、高速スイッチネットワークでの、サンプルしたフロー(sFlow)によるマネージスイッチのモニタリングが可能になります
  • レポート : デバイスインベントリ、デバイスの可用性、ポートの状態、インターフェースの状態のレポート、ファームウェア
  • 設定ファイルのバックアップ : 該当するデバイスに関し、デバイス設定ファイルをバックアップ
  • 静的デバイスグループ、動的デバイスグループに応じて1対1、1対多のバックアップ
  • 即時または定期的に実行
  • 一括設定 : テキストベースの設定ファイルを編集し、「マスター」設定ファイルに昇格させることができます
  • 一括デプロイメント用にマスター設定ファイルが使用できます
  • これは、複数のデバイスへのデプロイメントを同時に行うための「パターン」設定ファイルを作成するために役立つ方法です
  • IPアドレスその他の識別子等の変数は、一括設定から除外できます
  • 設定ファイルの復元 : 該当デバイスのためのデバイス設定ファイルの復元
  • 静的デバイスグループ、動的デバイスグループに応じて1対1、1対多のバックアップ
  • 即時または定期的に実行
  • デバイスファームウェアのアップデート : 選択したバージョンのファームウェアの、即時または定期的な自動デプロイメント
  • ファームウェアのプレロード設定 : このアプリケーションには、ファームウェアのバージョンがプレロードされている場合があります
  • ファイル比較 : 選択した2台のデバイスまたは保存されているファイルに、色分けと行調整をするテキスト比較を行います
  • デバイスの設定 : ダイレクトアクセス/カットスルー(HTTP/Telnet)
  • 内蔵ファイルサーバー : TFTPプロトコルサポート
  • MIBブラウザー : SNMP MIBブラウザーにより、SNMP対応デバイスの情報を直接取得できます
  • このアプリケーションはSNMPv1、SNMPv2c、SNMPv3に加えて、サポート対象の標準MIBおよびプライベートMIBのすべてをサポートしています
  • SNMP MIBブラウザーにより、複数のMIBデータベース(RFC標準MIB、NETGEARプライベートMIB等)の1つを選択し、MIBツリーの中から特定のMIBオブジェクトを選択することができます
  • また、MIBオブジェクトを検索すること、MIBブラウザーにMIBをアップロードすること、MIBブラウザーからMIBを削除することもできます
  • このアプリケーションは、MIBオブジェクトが収集したデータ、選択したMIBオブジェクトに関する情報、SNMPクレデンシャルに関する情報を表示します
  • SNMPコマンド : Get: 選択されたMIBオブジェクトに基づいてデータを収集します
  • Get Next: MIBツリーの次のMIBオブジェクト(選択されたMIBオブジェクトの相対的なもの)に基づいてデータを収集します
  • Set: 選択したMIBオブジェクトの値を変更します
  • Table View: 選択されたMIBオブジェクトに基づいてテーブルデータを収集します(テーブル関連のMIBオブジェクトでのみ利用可能
  • マネージスイッチ – M4100シリーズ : M4100-D10-POEマネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (FSM5210P v1h1)
  • M4100-26-POE(マネージスイッチレイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (FSM7226P v1h1)
  • M4100-50-POEマネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (FSM7250P v1h1)
  • M4100-D12Gマネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM5212 v1h1)
  • M4100-D12G-POE+マネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM5212P v1h2)
  • M4100-12GFマネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM7212F v1h2)
  • M4100-12G-POE+マネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM7212P v1h2)
  • M4100-26Gマネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM7224 v2h2)
  • M4100-50Gマネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM7248 v2h2)
  • M4100-26G-POEマネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM7226LP v1h1)
  • M4100-24G-POE+マネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM7224P v1h2)
  • M4100-50G-POE+マネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM7248P v1h1)
  • マネージスイッチ – M5300シリーズ : M5300-28Gマネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM7228S v1h1)
  • M5300-52Gマネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM7252S v1h1)
  • M5300-28G-POE+マネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM7228PS v1h2)
  • M5300-52G-POE+マネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM7252PS v1h2)
  • M5300-28GF3マネージスイッチ(レイヤー3のダイナミックルーティング) (GSM7328FS v2h1)
  • M5300-28G3マネージスイッチ(レイヤー3のダイナミックルーティング) (GSM7328S v2h2)
  • M5300-52G3マネージスイッチ(レイヤー3のダイナミックルーティング) (GSM7352S v2h2)
  • マネージスイッチ – M6100シリーズ : M6100-44GF3シャーシスイッチスターターキット(XCM8903SF)
  • M6100-44G3-POE+シャーシスイッチスターターキット(XCM8903SK)
  • M6100-24X3シャーシスターターキット(XCM8903SX)
  • XCM8924X 24ポートRJ45 10GBASE-T 16ポート共有SFP+ 1G/10Gブレード
  • XCM8944 40ポートRJ45 10/100/1000 2ポートRJ45 10GBASE-T 2ポートSFP+ 1G/10Gブレード
  • XCM8944F 40ポートSFP 100/1000 2ポートRJ45 10GBASE-T 2ポートSFP+ 1G/10Gブレード
  • XCM8948 48ポートRJ45 10/100/1000ブレード
  • XCM89PドーターカードPoE+ 802.3at (XCM8948およびXCM8944ブレード)
  • XCM89UPドーターカードUPOE (XCM8948およびXCM8944ブレード)
  • マネージスイッチ – M7100シリーズ : M7100-24Xマネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (XSM7224 v1h1)
  • マネージスイッチ – M7300シリーズ : M7300-24XF XSM7224Sマネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (XSM7224S v1h1)
  • マネージスイッチ – レガシー : JGSM7224マネージスイッチ(レイヤー2) (JGSM7224 v2h1)
  • FSM726マネージスイッチ(レイヤー2) (FSM726 v3)
  • GSM7224マネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM7224 v2h1)
  • GSM7248マネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM7248 v2h1)
  • GSM5212Pマネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM5212P v1h1)
  • GSM7212Fマネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM7212F v1h1)
  • GSM7212Pマネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM7212P v1h1)
  • GSM7224Pマネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM7224P v1h1)
  • GSM7228PSマネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM7228PS v1h2)
  • GSM7252PSマネージスイッチ(レイヤー2+のスタティックL3ルーティング) (GSM7252PS v1h2)
  • GSM7328FSマネージスイッチ(レイヤー3のダイナミックルーティング) (GSM7328FS v1h1)
  • GSM7328Sマネージスイッチ(レイヤー3のダイナミックルーティング) (GSM7328S v2h1)
  • GSM7352Sマネージスイッチ(レイヤー3のダイナミックルーティング) (GSM7352S v2h1)
  • スマートスイッチ - スタンドアロン : FS526Tv2スマートスイッチ
  • FS726Tv2スマートスイッチ
  • FS728TLPスマートスイッチ
  • FS728TPv2スマートスイッチ
  • FS728TP-200スマートスイッチ
  • GS108T-200スマートスイッチ
  • GS110TPスマートスイッチ
  • GS510TPスマートスイッチ
  • GS516TPスマートスイッチ
  • GS724T-400スマートスイッチ
  • GS716T-300スマートスイッチ
  • GS748T-500スマートスイッチ
  • GS728TPスマートスイッチ
  • GS728TPPスマートスイッチ
  • GS748T-400スマートスイッチ
  • GS752TPスマートスイッチ
  • XS712Tスマートスイッチ
  • XS728Tスマートスイッチ
  • スマートスイッチ - スタッカブル : GS728TPSスマートスイッチ
  • GS728TSスマートスイッチ
  • GS752TPSスマートスイッチ
  • GS752TSスマートスイッチ
  • GS728TXSスマートスイッチ
  • GS752TXSスマートスイッチ
  • S3300-28Xスマートスイッチ(GS728TX)
  • S3300-28X-PoE+スマートスイッチ(GS728TXP)
  • S3300-52Xスマートスイッチ(GS752TX)
  • S3300-52X-PoE+スマートスイッチ(GS752TXP)
  • ワイヤレス製品 : WC7520ワイヤレスコントローラー
  • WC7600ワイヤレスコントローラー
  • WC9500ワイヤレスコントローラー
  • WMS5316ワイヤレス管理システム
  • WAC720アクセスポイント
  • WAC730アクセスポイント
  • WG103アクセスポイント
  • WN203アクセスポイント
  • WN203-200アクセスポイント
  • WN370アクセスポイント
  • WNAP210アクセスポイント
  • WNAP320アクセスポイント
  • WNAP370アクセスポイント
  • WND930アクセスポイント
  • WNDAP350アクセスポイント
  • WNDAP360アクセスポイント
  • WNDAP380Rアクセスポイント
  • WNDAP380Rv2アクセスポイント
  • WNDAP620アクセスポイント
  • WNDAP660アクセスポイント
  • セキュリティ製品 : FVS318Gファイアウォール
  • FVS318Nファイアウォール
  • FVS336Gv2ファイアウォール
  • FVS336Gv3ファイアウォール
  • SRX5308ファイアウォール
  • ストレージ製品 : RD5200 ReadyDATA
  • RDD516 ReadyDATA
  • RN716X ReadyNAS
  • RN2120 ReadyNAS
  • RN3130 ReadyNAS (全モデル)
  • RN3220 ReadyNAS
  • RN4220 ReadyNAS
  • RN31200 ReadyNAS (全モデル)
  • RN31400 ReadyNAS (全モデル)
  • RN31600 ReadyNAS (全モデル)
  • RN51600 ReadyNAS (全モデル)
  • テクニカルサポート : NMS300ライセンス購入から90日間のベーシックテクニカルサポート
  • サポート対象のNETGEARデバイス購入から90日間のベーシックテクニカルサポート
  • NETGEARマネージデバイスがProSupport24時間365日対応サービス契約(PMB)の対象になっている場合は、ベーシックおよびアドバンステクニカルサポート
  • NETGEARマネージデバイスがライフタイムテクニカルサポートの対象になっているNETGEARマネージスイッチの場合は、ベーシックおよびアドバンステクニカルサポート
  • 現在のNMS300バージョン : NETGEARネットワーク管理システムNMS300 V1.5.0.11
  • 入手方法 : www.netgear.com/nms300でフルバージョンのNMS300ソフトウェアをダウンロードしてください
  • デバイス200台までの無料ライセンスパックが付属しています
  • NETGEARワイヤレスコントローラーの下にあるマネージアクセスポイントは「デバイス」としてカウントされません
  • バージョンアップ : 無料のNMS300 v1.xマイナーバージョンアップが含まれています
  • 追加デバイスライセンスパック : NMS300L2-10000S (200台のデバイスを追加できるライセンスパック)
  • 電子ライセンス:キーはメールで納品されます
  • ライセンスキーは、NMS300ウェブGUIのADMIN \ LICENSE MANAGEMENTセクションに登録します
  • 最初のNMS300L2-10000Sのライセンスキーで、NMS300のカウンターに200台のデバイスが追加されます(新しい最大許容数:400台)
  • NMS300L2-10000Sライセンスキーを追加するごとに、NMS300カウンターに200台のデバイスが追加されます

サポート情報

download-circle-black
製品の登録
詳しくはこちら
community-black
コミュニティフォーラムでFAQを検索できます
NETGEARコミュニティ
question-mark-black
セルフヘルプツールを確認するか、サポートにお問い合わせください。
NETGEARサポート