メインコンテンツにスキップする
メインコンテンツにスキップする
NETGEAR AX742スタッキングキットは、両方の背面I/Oベイを使用する、ローカルバーチャルシャーシスタッキングのための費用対効果の高い手段です。離れて設置されているスイッチがいくつかある場合、お手頃価格のSFP+ (AX743)と10GBase-T (AX745) I/Oモジュールを使用すれば、ファイバーまたは銅線で接続し、しかも背面ベイのスタッキング機能を活用することができます。 AX742 AX742 AX742

24G/48Gスタッキングキット (AX742) armor

スタッキングキット (M5300シリーズ拡張ベイ用)armor

AX742スタッキングキットは、両方の背面I/Oベイを使用する、ローカルバーチャルシャーシスタッキングのための費用対効果の高い手段です。離れて設置されているスイッチがいくつかある場合、お手頃価格のSFP+ (AX743)と10GBase-T (AX745) I/Oモジュールを使用すれば、ファイバーまたは銅線で接続し、しかも背面ベイのスタッキング機能を活用することができます。

24G/48Gスタッキングキット (AX742)

スタッキングキット (M5300シリーズ拡張ベイ用)armor

AX742スタッキングキットは、両方の背面I/Oベイを使用する、ローカルバーチャルシャーシスタッキングのための費用対効果の高い手段です。離れて設置されているスイッチがいくつかある場合、お手頃価格のSFP+ (AX743)と10GBase-T (AX745) I/Oモジュールを使用すれば、ファイバーまたは銅線で接続し、しかも背面ベイのスタッキング機能を活用することができます。

製品特長

簡単に設置できるようにするため、M5300シリーズの2つの拡張ベイは工場出荷時にスタッキングモードにあらかじめ設定されています。このため、背面の接続が検知されるとすぐにスタッキングが可能になります。
スタッキングの相互接続には、銅線とファイバーの両方を使用することができます。
ローカルのデュアルリングトポロジーの場合、M5300スイッチ1台に1つのAX742スタッキングキットを使用します。
最新のIEEE 802.3ak 10GBASE-CX4規格(インフィニバンド)。
1 mのケーブルで、各I/Oモジュールハーフデュプレックスの速度は12 Gbps (フルデュプレックスでは24 Gbps)。

技術仕様

  • AX742の同梱内容: CX4 I/O モジュール×2, AX744 + CX4 ケーブル (1m) ×1
  • 1スイッチ(2個のI/Oモジュール)あたり1つのAX742キットを使用した場合、デュアルリングスタッキングの相互接続はスイッチあたり48 Gbps (スタックあたり384 Gbps)です。
  • より長いケーブルを使用することができます(標準インフィニバンドCX4ケーブル)
  • 注文番号: AX742

サポート情報

download-circle-black
製品の登録
詳しくはこちら
community-black
コミュニティフォーラムでFAQを検索できます
NETGEARコミュニティ
question-mark-black
セルフヘルプツールを確認するか、サポートにお問い合わせください。
NETGEARサポート